0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

category :病院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物病院初体験

我が家にやって来て1週間、よく食べ、よく遊び、よく眠るにゃんず。
見た目はすこぶる元気で目ヤニも出なくなった。
でも下痢から軟便にはなったけどまだ正常なウ○チとは言えない。
こはの方が特にやわやわ^^;)
クシャミも出てるし、息がめちゃ臭い。
う~~~む・・・やっぱ病院?

ということでにゃんず動物病院初体験。

訪れた動物病院で問診の後、検温検便。
診療台のなっちゃん、恐怖で梅の花をぺったんぺったん(笑)
それから注射をそれぞれ2本ずつ打たれ5日分の薬(胃腸薬?とクシャミが出てたのでそれ用)と、検便でお腹に虫がいることがわかり虫下しが処方された。
「調子が良くても悪くても1週間後にもう一度見せに来てくださいね」と先生。

そうそう、病院に連れて行ったことで新事実が判明した。
大きさからいって生後3ヶ月くらいだろうと思ってたらなんと5ヶ月!
少なくとも4ヵ月は過ぎてるって先生。
カルテにはしっかり生後5ヵ月と記されてた。
「ほら、乳歯と並んで永久歯が生えてる」と言って口の中を見せてくれた。
ほんとだ~!
なっちゃんはもちろん、ちびちびこはにも乳歯と一緒に永久歯が生えてる。
先生も最初は身体が小さいから3ヶ月くらいかと思ったったんだって。
体重を計るとなっちゃん:1.8kg、 こは:1kg。
生後5ヶ月くらいの子猫の標準体重からするとこはに至っては半分!
まさか5ヶ月もきてるとは思わなかったよ。 ビックリ!!

なっちゃん!こは! 早くお腹の調子治してたくさん食べて大きくなろうね!
目指せ!標準体重なのだ!!


スポンサーサイト

飲み薬



動物病院で処方された飲み薬(錠剤)。
虫下し用が1回分。
胃腸薬(整腸剤?)とクシャミ用がそれぞれ5日分。

残念なことにおとうちゃんも私も薬を飲ませるのが非常にへったぴ^^;
っていうかゆいの時にてこずって散々泣かされ一種のトラウマ状態。
なので二人とも及び腰。
でも飲まさないわけにはいかないし・・・ふぁいと~~っ!!!

こはは簡単に一発でOK!
なっちゃんは一回目失敗、二回目でOK!
な~んだ! 簡単じゃん♪

これなら大丈夫!って思ったんだけどね、翌日には撃沈(>_<)
で、その後はカリカリに混ぜて食べてもらった。

病院に連れて行くまでは息(だと思う)がすごく臭かったのに
翌日には臭いが薄まって気にならない程度になっていた。
何が効いたんだろうね? 注射?飲み薬??
どっちでもいいけど嬉しい♪


アンニュイな午後

午前中、動物病院で一回目の4種混合ワクチンを接種。



どうにもだるいらしく聞こえてくるのは微かな寝息・・・



静かな静かな午後の時間が過ぎて行きました。


2011.12.01

今日(2011.12.01)は予約してたなっちゃんの去勢手術の日。
午後1時、病院入りの予定です。

そんな事になってるとは全然知らないなっちゃん
「今日の朝ごはん(カリカリ)めっちゃ少ないぞい!!!」と
ず~っと駄々をこねてます。

こちらの都合で勝手に生殖機能を奪うのだから
なっちゃんにしてみればこんな理不尽なことはありません。

ごめんね、なっちゃん


2011.12.21

今日(2011.12.21)は予約を入れてたこはの避妊手術の日。
朝10時までに病院入りの予定だったので先ほど連れて行ってきました。
「午後4時~6時の間に迎えに来てください」とのこと。
こは、迎えに行くまで心細いだろうけど頑張ってね。

今月の初めなっちゃんの去勢手術をした時もそうだったけど
こちらの都合で生殖機能を奪う身勝手さがとても心苦しいです。
「ごめんね」としか言いようのない私たちを許して欲しい・・・


寝姿



1回目のワクチンを接種した時と同じく
2回目もやっぱり病院から帰ってからずっと寝てたにゃんず。

その翌日(11月15日)、
普段から寝る寝ん子な猫のなっちゃんがよく寝るのはともかくとして
こはまでも終日ほとんど寝てたのでちょっと心配した。

でもこんなふうにご機嫌さんな顔の寝姿なら案じる必要もなさそうだね^^


【 関連記事 】
 (※1) 「アンニュイな午後」


ネギにご用心!


4,5日前からお腹の調子を崩してたこは

便に透明なゼリー状のものが混じってていつもの軟便とちょっと違ってきた。
夕方には身体がだるそうでどうも様子がおかしい。
心配になって病院に連れて行くと39.5度の熱が出ていた。

お腹を壊した原因を日付をさかのぼって考えてみると一つだけ思い当たることがある。
それは根の付いた細ねぎ。
再利用するため茎から下の部分を水の入ったグラスに浸して置いてたのが見るも無残な姿に。
にゃんずには目につかないところに置いてたのにしっかり荒らされてた。

「その可能性大やね~」と先生。

やっぱりそうやったか・・・(-_-;)
これからはお互いにとって絶対安全な場所に置くことにするね。


やっと12月



記事はまだ現在のにゃんずに追いついてなくて今日からやっと12月。
(出来るなら去年のうちにリアルタイムに持っていきたかった^^;)

12月1日はなっちゃんが去勢した日。(※ 1)
翌日患部がぱんぱんに腫れ上がりメス跡がパックリ割れて
赤くむき出しになってるものだから慌てて病院へ連れて行ったら
先生、ちょんちょんっと消毒して「大丈夫ですよ~」
化膿したのかと思って焦ったけどこれを聞いて安心したよε=( ̄。 ̄;)フゥ

写真は可愛いたまたまがあった頃の大股開き寝のなっちゃん


【 関連記事 】
   (※ 1) 「2011.12.01」


もどかしい気持ち



お腹の調子を壊してるこは
病院にも連れて行ったんだけど(11月30日)(※ 1)なかなか復調しない。
毛艶も悪くなりボサボサ。
普通の下痢なら下痢止めでよくなるのに
透明のゼリー状の分泌物ってやっかいなんだね。

薬がなくなったので再度病院へ(12月5日)。
症状が改善されないから違う薬が処方されたんだけど
その中に黄色の錠剤があってこれを呑ますと嘔吐を繰り返して悲惨な結果に。
「あ~!この薬あかんわ!!」
と、次からこの錠剤だけを外すことにした。
嘔吐の繰り返しはそれだけで体力が奪われてしまうからダメダメ!

それから3日程たってようやく復調の兆しが見えてきて一安心 ε=( ̄。 ̄;)フゥ

ペットがいる家庭では皆さん感じることだと思うけど
会話ができないってもどかしいね。

「調子どんなん?大丈夫?いける?しんどいん?」
心配で思わず口をついて出る言葉に
「おかあちゃん、お腹痛い(>_<)」とか「もうちょっとで治りそうやわ^^」
なんて返事が返ってくるはずもなく・・・あぁぁぁぁぁ、もどかしい!

そういえば以前、先住の猫たちが元気でいたころ
「ニャウリンガル欲しい!」ってよく思ってたっけ。
で、結局悩んだ末買わなかったんだよな~^^;



【 関連記事 】
  (※ 1) 「ネギにご用心!」


4月そして1月

早いもので4月に入りました。

昨夜はフィギュアスケート世界選手権男子フリーをTV観戦。
高橋選手、羽生選手、おめでとう!

フィギュアスケートといえば我が家の猫歴の中にもフィギュア好きが一匹。
シーズンになるとTV観戦する私の傍らにはいつもゆいがいたっけ・・・
リンク上を右に左に滑る選手に合わせてゆいの頭も右に左に。
そのうしろ姿がとても可愛かったなぁ^^


さて、
にゃんずノートは3ヶ月遅れの今日から1月。


1月4日、こはは抜糸のため
そしてなっちゃんは頭にハゲができたため
2匹仲良く病院へ。




なっちゃんの目



なっちゃんの目は基本アーモンド型のぱっちりお目々。(※ 1)(※ 2)
で時に「般若の面」の目?・・・( ̄  ̄;) うーん確かに。
どちらにしてもこはとは全然違うタイプの目の持ち主なのです。

1月10日の夜、そのなっちゃんの目が白く濁ってるのに気づいてビックリ!
翌日病院で診てもらったら角膜が炎症を起こしいてると先生。
目をこすったり打ったりして濁っている場合は数日で濁りがとれるそうで
ちょっと安心してたら感染症の疑いもあると言われてしまった。
感染症で炎症を起こしている場合は濁りがとれるまでに長引くとのこと。
この感染症は身体のどの部分に症状が現れるか実際その時にならないと解らず非常に厄介で症状が最初に目に現れた場合は次の段階では関節に現れることが多くそうなると痛みのためあまり動かなくなる等々。

うぅぅぅぅ・・・それあかんやん!可哀想すぎやわ!!(>_<)

そんなこんなで暗~い気持ちで迎えた2日後。
おっ!だいぶ濁りがとれたやん♪
そしてその翌日にはクリアなお目々が戻ってきたよ~♪♪

さっそく先生に診てもらって大丈夫の太鼓判をもらって一安心。
バンザーイ♪♪♪
一週間後の18日には「点眼も今日で終わりです、よかったね^^」と
先生に頭をなでなでされたなっちゃんでした。



【 関連記事 】
  (※ 1) 「お顔を拝見」
  (※ 2) 「こなつ 2011.11.09」


こはる 2012.02.15


病院から帰宅後のこは


普段なら呼吸と共に緩やかに上下する胸からお腹にかけてのラインが
見るからに忙しない動きを始めたこは
なんか普段と違う!と病院へ直行。

検査後先生から
「”今後症状が治ったかのように良くなりそしてまた悪くなる”を
繰り返しながら徐々にその間隔が狭まり死に至ります」
と説明を受けた。

実は数日前からふとした瞬間にちょっと呼吸が早い?とは感じていたんだけど
普段と変わりなくなっちゃんと遊んで走ってるし食欲だってある。
下痢も嘔吐もないからそれほど気にしていなかった。

もし、
気づいた時点ですぐ診てもらっていたら違った今があったんだろうか?

この日から
もし、もし、もし・・・の繰り返しの日々。


赤色違い



なっちゃんの齧ったラップの芯に赤く血が付いていたので
念のため病院で診てもらった。
身体に怪我をした様子もないし
口腔内にも得に以上は見当たらないとのことで一安心^^
「しばらく様子をみてまた出血するようだったら連れてきてください」との事。

でもダイエットを勧められてしまった^^;
この日(2012.06.25)なっちゃんの体重 5.8キロ。



そして夕方。



なっちゃんの出血とは比べものにならないくらいの茜空。
こういう夕空はドキドキするね。


ワクチン



年に一度のワクチンの日。
夕方仕事が終わってから何も知らないなっちゃんを車に乗せて病院へGO!

なっちゃん身体はでっかくなったけど相変わらず病院苦手。
ワクチン打っても大丈夫かどうか調べられドキドキがマックス!
肉球に汗かいて診察台にたっくさん梅の花散らしちゃう。
まあ、私もどちらかというと病院は苦手だからなっちゃんのこと笑えないけど^^;

いざワクチン!「4種お願いします!」と言ったら
「うちで出来るワクチンは3種と5種しかないんです」
と、すまなそうに先生。(前回とは別の病院)
え?そうなの?・・・ちょっと迷って今回は5種混合を接種することにした。

「ワクチンはアレルギー反応を起こすことがあるから
調子がおかしければすぐに連れてきてください」と忠告を受け帰宅。

若干だるそうではあるけど普段となんらかわらずご機嫌に過ごしたなっちゃんだけど・・・
朝になって異変が! で、出ちゃったよ! まさかのアレルギー反応!!
呼吸は早くなるし動きは鈍くてだるそうだし身体は熱っぽいし食べないし水のまないし・・・
ひょえ~~~っ!!!
即、病院に電話してなっちゃん朝一に病院へGO!

「あ~、これはアレルギー症状ですね。」
可哀想になっちゃんまたまた大嫌いな注射を一発。
「これでしばらく安静にしておけば大丈夫だと思います。
もし夕方になっても食欲が戻らなかったらこの薬(錠剤)をのませてください。
それから治療費はワクチンアレルギーの処置のため無料です。」と、先生。

なっちゃんこはりんちゃん三兄妹のお父ちゃん猫が白血病で亡くなってたから
このコ達は白血病から守ってあげなくっちゃ!4種以上でなくっちゃ!って
勝手に決めつけてた私がバカでした、深く反省(-_-;)
そう言えば4種でもけっこうだるそうだったよね・・・ごめんよ~ (;O;)


【 関連記事 】
  (※1) 「アンニュイな午後」
  (※2) 「寝姿」
  (※3) 「三兄妹」


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事リスト

【 病院 】

プロフィール

Author : zei
再び猫と暮す日々が巡ってきました


こなつ ♂( 愛称:なっちゃん )
きき ♀( 愛称:きーやん )



カテゴリ

ユーザータグ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

カウンター

現在の閲覧者数 :
  
訪問者数 :
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。